矯正治療

不正咬合の問題

歯並びや咬み合わせが悪いと見ためが悪いだけでなく、思っている以上に心身に様々な影響を与えてしまいます。

まず歯磨きがし難いため、虫歯や歯周病などになりやすくなります。
そして、物をきちんと噛む事が出来ない、上手く発音が出来ないなどの機能的な問題や、顎関節症や肩こり、頭痛など関連症状の併発、さらには、口もとが気になって人前で笑えなくなり暗くなるなど精神的な影響が出る場合もあります。

お子様の場合、成長期にあたりますので、顔の表情や骨格にまで影響が出る可能性があります。

矯正歯科とは、お口の中に専用の矯正装置を入れ、ゆっくりと歯の位置を元通りにしていく治療になります。ただ歯並びを治し、口の中を正常にするだけではなく、全身の健康面と共に精神面の向上を目指す事が矯正治療の本当の目的です。

虫歯や歯周病になりやすい

歯が重なり凸凹に並んでいると、十分に歯磨きが出来ずに歯や歯の隙間に食べかすも溜まりやすくなります。その為、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

よく噛めない

歯並びが悪いと正しい噛み合わせが出来ません。その為に、食べ物を正しく噛む事が出来ず、丸飲みの癖がついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

顎の成長、顔の形にも影響する

顎の骨や顔の筋肉やは、正しく噛む事で発達します。不正咬合だとそれが出来ませんので、顎の発育が未発達に なったり、顔が歪んだりする影響が出て来ます。

口元が気になる

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑う時につい口元を手で隠したりします。ストレスも溜ま り、歯ぎしり、肩こり、姿勢も悪くなりがちです。

発音しにくい

合わせの状態によって、様々な発音障害が出て来ます。特に英語等の外国語の発音が難しくなります。

不正咬合の問題

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは、歯と歯が重なりあっている「八重歯」や「乱杭歯」のことです。歯がまっすぐに並ぶための隙間が足りないために歯並びが凸凹になった状態を言います。

開咬(かいこう)

奥歯は噛んでも前歯は噛みあわずに開いている状態を言います。
これでは、前歯でものを噛み切ることができません。
中には側方、つまり横に並んだ歯が上下で噛み合わない場合もあります。
この場合は、ものをよく噛むことができません。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯が下の前歯に比べて、前へ突出している噛み合わせで「出っ歯」のことを言います。
これには上の前歯が出ているタイプと下の歯や顎自体が後退しているタイプがあります。

反対咬合(はんたいこうごう)

下の奥歯が上の奥歯に比べて、前へ突出している噛み合わせで「受け口」のことを言います。
これには下の歯や下顎が出ているタイプと上の歯や上顎自体が後退しているタイプがあります。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
あなたの歯は元気ですか?

インプラント

「もう一度、強い歯で思いっきりお食事を楽しみたい」本物のご自分の歯と変わらない感触です。

歯科矯正

健康な噛み合わせと綺麗な歯並び。歯列矯正は、あなたの明るい笑顔を取り戻す治療法です。

ホワイトニング

美しく輝く、白い歯は健康美のステータス。ホワイトニングでワンランク上の素敵な笑顔を手に入れましょう。

お口の中に関することならどんな事でもご相談ください。