医療費控除の概要

自己や自己と生計を一にする配偶者やその他親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

歯の治療に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断

(1) 納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

   (実際に支払った医療費の合計額−(1)の金額)−(2)の金額

(1) 保険金などで補てんされる金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

(2) 10万円
(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

控除を受けるための手続

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。
医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。 また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。

医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 >>

その他、何か分からないことがありましたらお気軽にお尋ねください。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
あなたの歯は元気ですか?

インプラント

「もう一度、強い歯で思いっきりお食事を楽しみたい」本物のご自分の歯と変わらない感触です。

歯科矯正

健康な噛み合わせと綺麗な歯並び。歯列矯正は、あなたの明るい笑顔を取り戻す治療法です。

ホワイトニング

美しく輝く、白い歯は健康美のステータス。ホワイトニングでワンランク上の素敵な笑顔を手に入れましょう。

お口の中に関することならどんな事でもご相談ください。