インプラント

インプラントとは英語で「implant」、しっかり差し込むという意味です。
医学用語では移植するという意味があり、人工材料で作った人工歯根を歯の欠損部のあごの骨の中に直接埋め込み、その上に歯冠を製作します。

インプラントは、ただ単に欠損部分の機能回復を図るだけではなく、より健康的で豊かな生活を送りたいという欲求に応えるため、入れ歯・ブリッジの欠点を解消する治療方法として開発研究が進められてきました。

インプラント治療は、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむ事が出来る為、「第二の永久歯」・「第三の歯」とも言われています。
今、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する、「インプラント(人工歯根)」治療が注目されています。

インプラントイメージ

・インプラントの構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の二つ  に分けられます。この上にセラミッククラウン等の上部構造補綴物(人工歯)が乗せら れます。

・インプラントの素材には、生体親和性(生体とのなじみ)にすぐれた、チタン、セラ  ミックが主に用いられ安全です。


医院長のご挨拶

従来の治療法として、失った歯が1~2本の場合は、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や「差し歯」、全ての歯を失った場合には、歯ぐきに吸着させるタイプの総入れ歯を作るのが一般的な治療法として普及しています。

しかしブリッジや入れ歯には問題が多く、患者様にとって大きな負担となっています。
インプラントは、こうした問題を解決する新しい治療法として開発されました。
是非、その違いを比べて見て下さい。

インプラント

メリット

1.天然歯と同様の咀嚼能力を回復。
2.天然歯と同様の感覚を回復。
3.周囲の歯を犠牲(削らない)にしない。
4.歯を失った部分の顎の骨を守る。
5.他の修復物より長期的に使用できる。

デメリット

1.手術が必要となる。
2.治療期間が他の修復物より長い。
3.骨量・質により治療の適応が限られる。
4.保険非適応のため、費用がかかる。


入れ歯

メリット

1.自分で取り外せるため、お手軽である。
2.短期間で機能回復が期待できる。
3.保険が適用となる。

デメリット

1.年月とともに、作り変えや調整が必要。
2.長期間安定した咬合を維持できない。
3.入れ歯を支える骨や歯を損失する危険性がある。
4.装着時の違和感・発音障害などの問題が生じる。


ブリッジ

メリット

1.美しく自然な外観を回復できる。
2.自然な咬み合わせの回復。
3.十分な咀嚼能力の回復。

デメリット

1.健康な歯を削る。
2.健康な歯が両側にないと適応外となる。
3.土台とする歯に過度の負担が生じる。
4.新たに歯を損失する危険性がある。
5.清掃しにくく不衛生である。


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
あなたの歯は元気ですか?

インプラント

「もう一度、強い歯で思いっきりお食事を楽しみたい」本物のご自分の歯と変わらない感触です。

歯科矯正

健康な噛み合わせと綺麗な歯並び。歯列矯正は、あなたの明るい笑顔を取り戻す治療法です。

ホワイトニング

美しく輝く、白い歯は健康美のステータス。ホワイトニングでワンランク上の素敵な笑顔を手に入れましょう。

お口の中に関することならどんな事でもご相談ください。